NumPy

NumPy Quickstart チュートリアルに取り組む (1-3) 基本 配列の出力

配列の出力

NumPyは入れ子になったリストと同様の方法で表示し、次のようなレイアウトで表示する。一次元配列は行として、二次元は行列として、三次元は行列のリストとして出力される。

import numpy as np

a = np.arange(6)
print(a)
'''
[0 1 2 3 4 5]
'''

b = np.arange(12).reshape(4, 3)
print(b)
'''
[[[ 0  1  2  3]
  [ 4  5  6  7]
  [ 8  9 10 11]]
'''

c = np.arange(24).reshape(2, 3, 4)
print(c)
'''
 [[12 13 14 15]
  [16 17 18 19]
  [20 21 22 23]]]
'''

リシェイプの詳細はこちらへ。

配列が大きすぎて出力できない場合、自動的に配列の中央部分をスキップして角のみを出力する。

import numpy as np

print(np.arange(10000))
'''
[   0    1    2 ... 9997 9998 9999]
'''

print(np.arange(10000).reshape(100,100))
'''
[[   0    1    2 ...   97   98   99]
 [ 100  101  102 ...  197  198  199]
 [ 200  201  202 ...  297  298  299]
 ...
 [9700 9701 9702 ... 9797 9798 9799]
 [9800 9801 9802 ... 9897 9898 9899]
 [9900 9901 9902 ... 9997 9998 9999]]
'''