プリンシプル

プリンシプル コードは変更されるものである

銀の弾などないでも説明したが、コードは複雑であり、その性質上、必ず更新・修正される。ここでよく理解すべきなのは、コードはリリースされたら終わりではない。そのコードは現実に存在している。現実や環境が変われば、要求が増えたり変わったりする。それに合わせて修正をするためには、コードを変更することになるのである。

エンジニアは常に、この「変更」に強いコードを書く必要がある。

例えば「コードは変更される」という前提で、読みやすいコードを書く必要がある。コードは作成してリリースするまでよりも、保守(変更)するときの方が時間が長い。コードを書くよりも、読む時間の方が長く、自分のコードではなく、他人のコードを読むことの方が多い。

つまり、作成時よりも、修正時(変更時)に、より早くより正確に読むためにも、読みやすい(可読性の高い)コードを書くべきである。