プリンシプル

プリンシプル プログラマの三大美徳

怠惰、短気、傲慢。

Perlの開発者ラリー・ウォールによるもので、全体最適や効率の重視、品質へのプライドを3つの美徳として挙げ、まとめて三大美徳と呼んでいる。

他のプリンシプルに共通するものがあるが、以下のようにまとめられる。

怠惰:繰り返す作業を自動化し「今」役立つコードを書く
短気:効率が良くないことに怒りを感じそれを治す
傲慢:誰が見ても恥ずかしくないコードを書く

これらは、コードに限らず、ドキュメントなどにも言える。

美徳で挙げられる言葉の裏には、本質の作業に取り組むための効率化、問題意識、プロ意識がある。