Python

Python seaborn チュートリアル APIの概要 プロット機能(3)

原文のドキュメントはこちらから。

データの複数のビューを組み合わせる

重要な2つのプロット関数、jointplot()とpairplot()は、データセットの複数の側面を1つの図で表現するために、異なるモジュールからの複数の種類のプロットを使用する。どちらのプロットも図レベルの関数であり、デフォルトでは複数のサブプロットを持つ図を作成する。それらは図を管理するために異なるオブジェクト(JointGridとPairGrid)を使用する。

jointplot() 関数

一変量の分布を個別に示す余白軸を追加し、2つの変数の関係もしくは共同分布をプロットする。

import seaborn as sns
import matplotlib.pyplot as plt

penguins = sns.load_dataset("penguins")
sns.jointplot(data=penguins, x="flipper_length_mm", y="bill_length_mm", hue="species")
plt.show()

pairplot() 関数

jointplot()に似ており、ジョイントビューとマージナルビューを組み合わせたもの。しかし、単一の関係に焦点を当てるわけではなく、変数のすべてのペアワイズの組み合わせを可視化する。

import seaborn as sns
import matplotlib.pyplot as plt

penguins = sns.load_dataset("penguins")
sns.pairplot(data=penguins, hue="species")
plt.show()

これらの関数は、既に説明したある軸レベルの関数(scatterplot()やkdeplot())を使用し、別の表現を素早く入れ替えることができるように kind パラメータを持つ。

import seaborn as sns
import matplotlib.pyplot as plt

penguins = sns.load_dataset("penguins")
sns.jointplot(data=penguins, x="flipper_length_mm", y="bill_length_mm", hue="species", kind="hist")
plt.show()