Python

Python seaborn チュートリアル プロット機能 カテゴリカルデータを可視化 (5)

原文のドキュメントはこちらから。

ファセットとの複数の関係を表示

relplot()と同様に、catplot()がFacetGrid上に構築されているという事実は、高次元の関係を可視化するために格子用の変数を簡単に追加できることを意味する。

import seaborn as sns
import matplotlib.pyplot as plt
sns.set_theme(style="ticks", color_codes=True)

tips = sns.load_dataset("tips")
sns.catplot(x="day", y="total_bill", hue="smoker", col="time", aspect=.7, kind="swarm", data=tips)

plt.show()

プロットをさらにカスタマイズするには、それが返すFacetGridオブジェクト上のメソッドを使用することができる。

import seaborn as sns
import matplotlib.pyplot as plt
sns.set_theme(style="ticks", color_codes=True)

titanic = sns.load_dataset("titanic")
g = sns.catplot(x="fare", y="survived", row="class",
                kind="box", orient="h", height=1.5, aspect=4,
                data=titanic.query("fare > 0"))
g.set(xscale="log")

plt.show()