Processing

PythonでProcessing bezier() ベジェ曲線を描画する

画面上にベジェ曲線を描画する。この曲線は、一連のアンカーポイントとコントロールポイントによって定義される。最初の2つのパラメータは、最初のアンカーポイントを指定し、最後の2つのパラメーターは、他のアンカーポイントを指定する。中間のパラメーターは、曲線の形状を決める制御点を指定する。ベジェ曲線は、フランスのエンジニアPierre Bezierによって開発された。3D版を使用するには、P3Dによるレンダリングが必要(詳細は「Environment」のリファレンスを参照)。

# 構文
# bezier(x1, y1, x2, y2, x3, y3, x4, y4)
#bezier(x1, y1, z1, x2, y2, z2, x3, y3, z3, x4, y4, z4)
#
# パラメータ
# x1 float:最初のアンカーポイントのx座標
# y1 float:最初のアンカーポイントのy座標
# z1 float:最初のアンカーポイントのz座標
# x2 float:1番目の制御点を表すx座標
# y2 float:1番目の制御点を表すy座標
# z2 float:1番目の制御点を表すz座標
# x3 float:2番目の制御点を表すx座標
# y3 float:2番目の制御点を表すy座標
# z3 float:2番目の制御点を表すz座標
# x4 float:2番目のアンカーポイントのx座標
# y4 float:2番目のアンカーポイントのy座標
# z4 float:2番目のアンカーポイントのz座標

noFill()
stroke(255, 102, 0)
line(85, 20, 10, 10)
line(90, 90, 15, 80)
stroke(0, 0, 0)
bezier(85, 20, 10, 10, 90, 90, 15, 80)