Processing

PythonでProcessing Color Creating and Reading lerpColor()

2つの色の間にある色を、特定の増分で計算する。

amtパラメータは、2つの値の間を補間する量。(0.0は最初の点に等しく、0.1は最初の点に非常に近く、0.5はその中間に位置する。)

lerp()の動作とは異なるが、範囲外の数値を入力すると奇妙で予期しない色になるため必要。

# 構文
# lerpColor(c1, c2, amt)
#
# パラメータ  
# c1 int: この色から補間する
# c2 int: この色に補間する
# amt float: 0.0から1.0までの値

stroke(255)
fromC = color(255, 0, 0)
toC = color(255, 255, 0)
interA = lerpColor(fromC, toC, 1/3.)
interB = lerpColor(fromC, toC, 2/3.)
fill(fromC)
w = width/4
rect(0, 0, w, height)
fill(interA)
rect(w, 0, w, height)
fill(interB)
rect(w * 2, 0, w, height)
fill(toC)
rect(w * 3, 0, w, height)