Processing

PythonでProcessing colorMode() 色データの解釈を変更

colorMode()

# 構文
# colorMode(mode)
# colorMode(mode, max)
# colorMode(mode, max1, max2, max3)
# colorMode(mode, max1, max2, max3, maxA)
# 
# パラメータ
# mode int: RGBまたはHSBのいずれかで、赤/緑/青および色相/彩度/明度に対応する。
# max float: 現在のカラーモードに応じた赤または色相の範囲
# max1 float: 現在のカラーモードに応じた赤または色相の範囲
# max2 float: 現在のカラーモードに応じた緑または彩度の範囲
# max3 float: 現在のカラーモードに応じた青または明度の範囲
# maxA float: アルファ値の範囲
'''
色データを解釈する方法を変更する。
デフォルトでは、fill()、stroke()、background()、color()のパラメータは、RGBカラーモデルを用いて0〜255の値で定義されている。
colorMode()関数は、色を指定する数値の範囲を変更したり、カラーシステムを切り替えたりするために使用する。
'''
noStroke()
colorMode(RGB, 100)
for i in range(100): 
    for j in range(100): 
        stroke(i, j, 0)
        point(i, j)

noStroke()
colorMode(HSB, 100)
for i in range(100): 
    for j in range(100): 
        stroke(i, j, 100)
        point(i, j)