Processing

PythonでProcessing fill() 塗りつぶす色を設定

fill()

# 構文
# fill(rgb)
# fill(rgb, alpha)
# fill(gray)
# fill(gray, alpha)
# fill(v1, v2, v3)
# fill(v1, v2, v3, alpha)
# 
# パラメータ
# rgb int:色変数または16進数の値
# alpha float: 塗りつぶしの不透明度
# gray float: 白と黒の間の値を表す数値
# v1 float: 赤または色相の値 (現在のカラーモードに依存)
# v2 float: 緑または彩度の値 (現在のカラーモードに依存)
# v3 float: 青または明度の値 (現在のカラーモードに依存)
'''
図形の塗りつぶしに使われる色を設定する。
この色は、現在のcolorMode()に応じて、RGBまたはHSBの色で指定する。(デフォルトの色空間はRGB、それぞれの値は0から255の範囲)。
16進法で色を指定する場合は、値の前に「#」または「0x」を付ける。
#構文は、6桁の数字を使って色を指定する
0x"で始まる16進法を使用する場合、16進法の値は8文字で指定する必要があり、最初の2文字でアルファ成分を、残りの文字で赤、緑、青の成分を定義する。
gray "パラメータの値は、colorMode()で指定された現在の最大値以下でなければならない。デフォルトの最大値は255。
画像やテクスチャの色を変更するには、tint()を使用する。
'''
fill(128)
rect(5, 5, 90, 90)