Processing

PythonでProcessing stroke() アウトラインの描画色を設定

stroke()

# 構文
# stroke(gs)
# stroke(r, g, b)
# 
# パラメータ
# gs int: ストロークのグレースケール値
# r int: ストロークの赤の値
# g int: ストロークの緑の値
# b int: ストロークの青の値
'''
図形の周りに線や境界線を描くのに使用する色を設定する。
この色は、現在のcolorMode()に応じて、RGBまたはHSBの色で指定する。(デフォルトの色空間はRGB、それぞれの値は0から255の範囲)。
16進法で色を指定する場合は、値の前に「#」または「0x」を付ける。
#構文は、6桁の数字を使って色を指定する
0x"で始まる16進法を使用する場合、16進法の値は8文字で指定する必要があり、最初の2文字でアルファ成分を、残りの文字で赤、緑、青の成分を定義する。
gray "パラメータの値は、colorMode()で指定された現在の最大値以下でなければならない。デフォルトの最大値は255。
デフォルトのレンダラーで2D描画する場合、(パフォーマンスを犠牲にして)描画品質を向上させるために、
hint(ENABLE_STROKE_PURE)が必要になることがある。詳細は、hint()のドキュメントを参照すること。
'''
stroke(0, 0, 255)
rect(5, 5, 90, 90)