Processing

PythonでProcessing Image Loading & Displaying loadImage()

PImage型の変数にイメージをロードする。.gif、.jpg、.tga、.pngの画像を読み込むことができる。正しくロードするには、イメージが現在のスケッチのディレクトリに配置されている必要がある。(メニューのスケッチ>ファイルを追加で、追加が可能)絶対パスや、ネットワーク上のファイルの URL を指定することもできる。

ほとんどの場合、setup()の中ですべてのイメージをロードし、プログラムの開始時にあらかじめロードしておく。(draw()内でイメージをロードするとプログラムの実行速度が低下するため)setup()がすでに実行された後に呼び出される関数の中に画像がない限り、setup()の外で画像をロードすることはできない。

ファイルが利用できない場合やエラーが発生した場合は、nullが返され、コンソールにエラーメッセージが表示される。エラーメッセージが表示されてもプログラムは停止しないが、返された値がnullでないか確認しないと、nullPointerExceptionが発生する可能性がある。

extensionパラメータは、画像ファイル名の末尾に適切な拡張子がない場合に、画像タイプを決定するために使用する。

エラーの種類によっては、PImage オブジェクトが返されるが、イメージの幅と高さは -1 に設定される。これは、不正なイメージデータが返された場合や、正しくデコードできなかった場合に発生する。この現象は、403 エラーが発生するイメージ URL や、パスワードプロンプトにリダイレクトされるイメージ URL で発生することがある。この挙動は、loadImage() が HTML をイメージデータとして解釈しようとするため。