Processing

PythonでProcessing Image PImage

画像を格納するデータ型。.gif、.jpg、.tga、.pngの画像を表示できる。画像は、2Dおよび3D空間で表示することができる。画像を使用する前に、loadImage()関数で画像をロードする必要がある。

PImageクラスには、画像の幅と高さを表すフィールドと、画像の各ピクセルの値を含むpixelsという配列がある。以下のメソッドを使用すると、イメージのピクセルとアルファチャンネルに簡単にアクセスでき、合成作業が容易になる。

ピクセル配列を使用する前に必ず画像のloadPixels()メソッドを使用してピクセルデータが正しく読み込まれていることを確認すること。

新しい画像を作成するにはcreateImage()関数を使用する。PImage()という構文で直接オブジェクトをインスタンス化しないこと。

size(100, 100)
img = loadImage("sample.png")
image(img, 0, 0)