Processing

PythonでProcessing Image Pixels copy()

表示ウィンドウから表示ウィンドウの別の領域にピクセルの領域をコピーしたり、srcImgパラメータとして使用されるイメージから表示ウィンドウにピクセルの領域をコピーしたりする。

コピー元とコピー先の領域が同じサイズでない場合は、指定されたターゲット領域に合わせてソースピクセルのサイズを自動的に変更する。アルファ情報は使用されないが、ソースイメージにアルファチャンネルが設定されている場合は、それもコピーされる。

# 構文
#   copy(sx, sy, sw, sh, dx, dy, dw, dh)
#   copy(src, sx, sy, sw, sh, dx, dy, dw, dh)
#
# パラメータ
#   sx int:ソースの左上角のX座標
#   sy int:ソースの左上隅のY座標
#   sw int: ソース画像の幅
#   sh int: ソース画像の高さ
#   dx int:移動先の左上角のX座標
#   dy int:出力先の左上角のY座標
#   dw int: 出力画像の幅
#   dh int: 出力画像の高さ
#   src PImage: ソース画像を参照する変数