Processing

PythonでProcessing Image Pixels get()

任意のピクセルの色を読み取ったり、画像の一部を切り取ったりする。パラメータが指定されていない場合は、画像全体が返される。1つのピクセルの値を取得するには、xとyのパラメータを使用する。ディスプレイウィンドウの一部分を取得するには、追加でwとhのパラメータを指定する。イメージを取得する場合、x および y パラメータは、現在の imageMode() に関係なく、イメージの左上隅の座標を定義する。

要求されたピクセルが画像ウィンドウの外にある場合は、黒が返される。返される数値は、現在の色の範囲に応じてスケーリングされるが、この関数ではRGB値のみが返される。例えば、colorMode(HSB)で図形を描いたとしても、返される数値はRGB形式になる。

get(x, y)を使って1つのピクセルの色を取得するのは簡単だが、pixels[]から直接データを取得するのに比べるとスピードは劣る。pixels[]を使ったget(x, y)と同等のステートメントはpixels[y*width+x]。詳しくはpixels[]のリファレンスを参照すること。

# 構文	
#   get(x, y)
#   get(x, y, w, h)
#   get()
# 
# パラメータ	
#   x int: 画素のx座標
#   y int: 画素のy座標
#   w int: 取得する矩形領域の幅
#   h int: 取得する矩形領域の高さ