Processing

PythonでProcessing Image Pixels pixels

ディスプレイウィンドウ内のすべてのピクセルの値を含むリスト。これらの値は、colorデータタイプ。このリストは、ディスプレイウィンドウのサイズに対応している。例えば、画像が100×100ピクセルであれば、10000個の値がある。インデックス値はリストの中での値の位置を定義する。例えば、color b = pixels[230]と記述すると変数bはリスト内のその位置の値と同じになる。

このリストにアクセスする前に、loadPixels()関数でデータを読み込む必要がある。また、リストのデータが変更された後はupdatePixels()関数を実行して変更内容を更新しなければならない。loadPixels()をしない場合、このコードを実行するとNullPointerExceptionが発生する可能性がある。