Processing

PythonでProcessing Input Files loadXML()

ファイルやURLの内容を読み込んで、その値を持つXMLオブジェクトを作成する。ファイルを指定する場合は、スケッチの “data “フォルダ内にある必要がある。filename パラメータには、オンラインで見つけたファイルの URL を指定できる。

Processing APIによって読み込まれ、保存されるすべてのファイルは、UTF-8エンコーディングを使用する。UTF-8フォーマットではないXMLファイルを読み込む必要がある場合は、XMLオブジェクトの開発者向けリファレンスを参照。