Processing

PythonでProcessing Input Files parseXML()

文字列を受け取り、その内容を解析してXMLオブジェクトを返す。文字列にXMLデータが含まれていない場合や、解析できない場合は、NULL値が返す。

parseXML()は、サードパーティのAPIなどから動的にデータを取得する場合に最も便利。通常、APIの結果はStringに保存され、parseXML()を使って構造化されたXMLオブジェクトに変換できる。文字列の内容が解析できなかった場合に備えて、新しい XML オブジェクトに対して操作を行う前に、NULL が返されるかどうかを確認すること。

データが既にXMLファイルとしてデータ・フォルダに存在する場合は、loadXML()を使用する方が容易に実現できる。