Processing

PythonでProcessing Input Keyboard keyPressed()

keyPressed()関数は、キーが押されるたびに1回呼び出される。押されたキーは、key変数に格納される。

ASCII仕様に含まれるキー(BACKSPACE、TAB、ENTER、RETURN、ESC、DELETE)は、キーがコード化されているかどうかをチェックする必要がないため、keyCodeの代わりにkey変数を使用する。

※プログラムがすべてのプラットフォームで動作するように、ENTERとRETURNの両方をチェックすることが望ましい。PCやUnixではENTERキーが一般的に使用され、Macintoshでは代わりにRETURNキーが使用されるため。

オペレーティングシステムがキーリピートをどのように処理するかによって、キーを押し続けた場合に、keyPressed()(およびkeyReleased())が何度も呼び出されることがある。キーリピートの割合は、オペレーティングシステムと各コンピュータの設定に依存する。

マウスやキーボードのイベントは、プログラムにdraw()がある場合にのみ動作する。draw()がない場合、コードは一度だけ実行され、その後イベントの受信を停止する。

value = 0


def draw():
    fill(value)
    rect(25, 25, 50, 50)


def keyPressed():
    global value
    if value == 255:
        value = 0
    else:
        value = 255