Processing

PythonでProcessing Lights ambientLight()

アンビエントライトを追加する。アンビエントライトは、特定の方向からの光ではなく、光線が跳ね返ってくるため、対象物のすべての面が均一に照らされる。アンビエントライトは、ほとんどの場合、他のタイプのライトと組み合わせて使用する。ループするプログラムの中でライトを持続させるには、draw()の中にライトを含める必要がある。v1、v2、v3のパラメータは、現在のカラーモードに応じて、RGBまたはHSBの値として解釈する。

size(100, 100, P3D)
noStroke()
translate(50, 50, 0)
ambientLight(255, 102, 102)
sphere(30)