Processing

PythonでProcessing Lights, Camera Material Properties ambient()

スクリーンに描画される図形の周囲の反射率を設定する。これは environment の ambient light コンポーネントと組み合わされる。パラメータで設定された色成分によって、反射率が決まる。

例えば、デフォルトのカラーモードで、v1=255、v2=126、v3=0と設定した時、赤の光はすべて反射し、緑の光は半分だけ反射することになる。emissive()、specular()、shininess()と組み合わせて、図形のマテリアルのプロパティを設定する。

size(300, 300, P3D)
background(0)
noStroke()
directionalLight(153, 153, 153, .5, 0, -1)
ambientLight(153, 102, 0)
ambient(51, 26, 0)
translate(200, 200, 0)
sphere(150)