Processing

PythonでProcessing Lights spotLight()

スポットライトを追加する。ループするプログラムの中でライトを持続させるには、draw()の中にライトを入れる必要がある。setup()の中にライトを入れると、ループの最初の1回目にしか効果がない。

v1、v2、v3の各パラメータは、現在のカラーモードに応じて、RGBまたはHSBの値として解釈される。x、y、z パラメーターは、ライトの位置を指定し、nx、ny、nz は、ライトの方向を指定する。angleパラメータは、スポットライトの円錐の角度を指定し、concentrationパラメータは、その円錐の中心に向かって集光する光の偏りを指定する。

# 構文	
#   spotLight(v1, v2, v3, x, y, z, nx, ny, nz, angle, concentration)

size(100, 100, P3D)
noStroke()
translate(50, 50, 0)
spotLight(255, 255, 255, 0, -50, 50, 0, 1, 0, PI/2, 2)
sphere(30)