Processing

PythonでProcessing Output Files saveStrings()

文字列のリストを文字列ごとに1行ずつファイルに書き込む。

デフォルトでは、このファイルはスケッチのフォルダに保存される。このフォルダはメニューから “スケッチフォルダーを開く”を選択して開くことができる。

ファイルは絶対パス(Unix、Linux では /で始まり、Windowsではドライブレター)を使用して、コンピュータ上の任意の場所に保存できる。

Processing 1.0以降、Processing API によって読み込まれ、保存されるすべてのファイルは UTF-8 エンコーディングを使用する。以前のリリースでは、使用しているプラットフォームのデフォルトのエンコーディングが使用されていたため、ファイルを他のプラットフォームに使用する際に問題が発生していた。