Processing

PythonでProcessing Output Files saveXML()

XMLオブジェクトの内容をファイルに書き込む。デフォルトでは、このファイルはスケッチのフォルダに保存される。このフォルダはメニューから “スケッチフォルダーを開く”を選択して開くことができる。

また、ファイルは絶対パス(Unix、Linux では /で始まり、Windowsではドライブレター)を使用して、コンピュータ上の任意の場所に保存できる。

Processing APIでロード、セーブするファイルのエンコーディングはすべてUTF-8。