Processing

PythonでProcessing Output Text Area print() println()

Python Modeでは、print()とprintln()は機能的に同じ。

print(), println()

Processingのエディタの下部にある黒いコンソール領域に書き込む。
この関数は、プログラムの実行結果や、生成したデータを確認するのに便利。

オブジェクトに対して print() を使用すると、内部の str および repr メソッド によって決定された、そのオブジェクトの文字列表現が出力される。

print(i)は、printに単一要素の式(i)を加えたものになる。print(1,2)はタプル(1, 2)を出力する。この動作を変更するには、スケッチの最初の行に、from future import print_functionを記述する。(print(i)を関数に変え、print iを禁止し、print(1, 2)が(1, 2)ではなく1, 2を出力するようになる)