Processing

PythonでProcessing Rendering blendMode()

定義されたモードに従って、ディスプレイウィンドウ内のピクセルをブレンドする。ソースピクセル(A)とディスプレイウィンドウ内のピクセル(B)をブレンドするには、以下のモードを選択できる。

  • BLEND – 色の線形補間を行う。C = A * factor + B。デフォルトのブレンドモード
  • ADD – ホワイトクリップを使った加法混色。C = min(A * factor + B, 255)
  • SUBTRACT – ブラッククリップを使った減算法によるブレンド。C = max(B – A * factor, 0)
  • DARKEST – 最も暗い色のみブレンド。C = min(A * factor, B)
  • LIGHTEST – 最も明るい色だけをブレンド。C = max(A * factor, B)
  • DIFFERENCE – 下の画像から色を差し引く
  • EXCLUSION – DIFFERENCEと似ているが、極端ではないもの
  • MULTIPLY – 色を掛け合わせ、結果は常に暗くなる
  • SCREEN – MULTIPLYの反対で、色の逆の値を使用する
  • REPLACE – ピクセルが他のピクセルを完全に置き換え、アルファ(透明)値を使用しない

Processing 2.0では、従来のblend()関数ではなく、blendMode()の使用を推奨している。ただし、blendMode()関数は、blend()関数と異なり、hard_light, soft_light, overlay, dodge, burnをサポートしていない。また、古いハードウェアでは、LIGHTEST、DARKEST、DIFFERENCEの各モードも使用できない場合がある。