Processing

PythonでProcessing Shape Attributes rectMode()

rect()に与えられたパラメータの解釈方法を変更し、矩形の描画位置を変更する。

rectMode(CORNER)は、rect() の最初の2つのパラメータで図形の左上隅とし、3番目と4番目のパラメータで図形の幅と高さとする。デフォルトのモード。

rectMode(CORNERS) は、rect() の最初の2つのパラメータを1つの角の位置とし、3番目と4番目のパラメータを反対側の角の位置とする。

rectMode(CENTER) は、rect()の最初の2つのパラメータを図形の中心点とし、3番目と4番目のパラメータで幅と高さを指定する。

rectMode(RADIUS) は、rect() の最初の2つのパラメータをシェイプの中心点として使用し、3番目と4番目のパラメータで幅と高さの半分を指定する。