Processing

PythonでProcessing Shape Loading & Displaying shape()

loadShape()で読み込んだデータをディスプレイウィンドウに図形を描画する。

シェイプのパラメータでは、表示するシェイプを指定し、座標パラメータでは、シェイプの左上からの位置を指定する。図形は、cおよびdパラメータで異なるサイズを指定しない限り、元のサイズで表示される。shapeMode()関数を使用すると、これらのパラメータの解釈を変更できる。

# 構文
#  shape(shape)
#  shape(shape, x, y)
#  shape(shape, a, b, c, d)
#
# パラメータ
#   shape PShape: 表示する図形
#   x float: 図形のx座標
#   y float: 図形のy座標
#   a float: 図形のx座標
#   b float: 図形のy座標
#   c float: 図形を表示する幅
#   d float: 図形を表示する高さ