Processing

PythonでProcessing Shape Vertex textureMode()

テクスチャマッピングの座標空間を設定する。デフォルトのモードは IMAGE(画像の実際の座標を参照する)。この関数は P2D と P3D のレンダラーでのみ動作する。

IMAGEで、イメージが100×200ピクセルの場合、イメージを4つのサイズ全体にマッピングするには、点(0,0) (100,0) (100,200) (0,200)が必要。NORMALで同じマッピングをする場合、(0,0) (1,0) (1,1) (0,1)となる。

size(100, 100, P3D)
noStroke()
img = loadImage("sample.png")
textureMode(NORMAL)
beginShape()
texture(img)
vertex(10, 10, 0, 0)
vertex(90, 10, 1, 0)
vertex(90, 90, 1, 1)
vertex(10, 90, 0, 1)
endShape()