Processing

PythonでProcessing size()

ディスプレイ、ウィンドウの幅と高さを、ピクセル単位で定義し、組み込み変数widthとheightを設定する。(setup()関数があるプログラムでは、size()はsetup()内の最初の行である必要がある)

例えば、size(640, 480)を実行すると、widthに640、heightに480が代入される。デフォルトはwidth, heightとも100。

size()は、プログラムで一度しか実行できず、サイズ変更には使用できない。

フルサイズでの実行には、fullScreen()関数を使用する。

最大の幅と高さは、OSによって制限され、通常は実際の画面の幅と高さ。マシンによっては、単純に現在の画面のピクセル数になることもある。

最小の幅と高さは、各方向に約100ピクセル。これは、Windows、macOS、Linuxでサポートされている最小のサイズ。スケッチが異なるマシンでも同じように動作するように、この最小サイズを採用している。
レンダラパラメータは、使用するレンダリングエンジンを選択する。例えば、3D形状を描画する場合は、P3Dを使用する。デフォルトのレンダラーの他に、以下のようなレンダラーがある。

  • P2D(Processing 2D):OpenGLに対応したグラフィックスハードウェアを使用する2Dグラフィックスレンダラ。
  • P3D(Processing 3D):OpenGLに対応したグラフィックスハードウェアを使用した3Dグラフィックスレンダラ。
  • FX2D(JavaFX 2D):JavaFXを使用した2Dレンダラーで、アプリケーションによっては高速に動作するが、互換性に問題がある。
  • PDF:PDFレンダラーは、AcrobatのPDFファイルに直接2Dグラフィックスを描画する。高解像度の出力や印刷用にベクターシェイプが必要な場合に、優れた結果をもたらす。ライブラリを利用するには、「ライブラリの読み込み」→「PDF」の設定が必要。詳細は、PDFライブラリのリファレンスを参照。

Processing3で、size()のパラメータに変数を使用するには、setup()ではなくsettings()関数内にsize()関数を配置する。詳細は、settings()のリファレンスページを参照。