Processing

PythonでProcessing Transform shearY()

角度パラメータで指定された値だけ、Y軸を中心に図形を傾ける。

角度はラジアン(0からTWO_PIまでの値)で指定する必要がある。(radians()関数で度からラジアンに変換できる。)

オブジェクトは常に原点に対する相対的な位置を中心にシアーされ、正の数は時計回りにオブジェクトをシアーする。変形はその後のすべての出来事に適用され、後から関数を呼び出すとその効果が蓄積される。(例えば、shearY(PI/2)を呼び出してからshearY(PI/2)を呼び出すと、shearY(PI)と同じになる。)

draw()の中でshearY()が呼ばれた場合、ループが再び始まると変換がリセットされる。

技術的には、shearY()は現在の変換行列と回転行列を掛け合わせる。この関数は pushMatrix() および popMatrix() 関数によってさらに制御することができる。

shearY(PI/4.0)
rect(0, 0, 30, 30)