Processing

PythonでProcessing Typography PFont

PFontは、Processing用のフォントクラス。

Processingで使用するフォントを作成するには、ツールメニューから「フォント作成…」を選択するProcessingが必要とするフォーマットでフォントが作成され、現在のスケッチのデータディレクトリに追加される。(fontname.vlw)

Processingでは、ベクターデータで文字を定義するのではなく、各文字に画像を使用する.vlwフォントフォーマットを使用してフォントを表示する。loadFont()関数は新しいフォントを構築し、textFont()はフォントをアクティブにする。

list()メソッドは、コンピュータにインストールされているフォントのリストを作成する。これは、フォントをProcessingで使用するフォーマットに動的に変換するcreateFont()関数で使用するための有用な情報。

font = loadFont("LetterGothicStd-16.vlw")
textFont(font, 16)
text("Hello,World!", 10, 87)