Processing

PythonでProcessing text テキストを描画

text()

画面にテキストを描画する。第1パラメータで指定された情報を、追加パラメータで指定された位置にスクリーン上に表示する。textFont()関数でフォントが未設定の場合、デフォルトのフォントが使用さる。textSize()でフォントサイズが未設定の場合、デフォルトのサイズが使用される。fill()関数でテキストの色を指定できる。テキストは、textAlign()関数に関連して描画される。textAlign()関数は、座標の左、右、および中央に描画するオプションを提供する。

x2とy2のパラメータは、表示するための長方形の領域を定義するもので、文字列データでのみ使用できる。これらのパラメータを指定した場合、現在のrectMode()の設定に基づいて解釈される。指定された矩形内に完全に収まらないテキストは、画面に描画されない。

text()は、textFont() で PFont を指定しなくても呼び出せる。(一般的な sans-serif フォントが代わりに使用される)

message = "Sample Text. Sample Text."
fill(255)
text(message, 10, 10, 90, 50) 

textSize(16)
text("text", 10, 60)
fill(0,0,255)
text("text", 10, 76)